ガスの元栓

つらつらと。

牡蠣のオイル煮 ワインがすすむ。

今日は法事で会食だったので、ランチ紹介はパス。

以前に仕込んだ牡蠣のオイル煮などのお話を。

 

作り方はいろんなところで紹介されてますが、牡蠣を煎って、オイスターソースで味付けしてオイルに漬けるだけです。

 

まずは材料の牡蠣、市場で仕入れたので格安です。200gで150円を3パック。多めに仕込んだつもりですがすぐ無くなりそうです。

 

f:id:konbeef:20170305180514j:image

 

まずは片栗粉と塩で揉んで多めの水であらいます。

f:id:konbeef:20170305180925j:image

 

そして、キッチンペーパーで水を切ってフライパンに並べていきます。すごい量ですが、この後あっという間に縮みます。

f:id:konbeef:20170305181055j:image

 

煎っていきます。半分くらいになったらオイスターソースを回しかけ。

f:id:konbeef:20170305181141j:image

 

この辺りで猛烈にいい匂いです。

写真には撮ってませんが、牡蠣を瓶につめた後の残り汁は猛烈な旨味です。

塩辛いですが、パリパリやいて、もんじゃ煎餅みたいにして少しだけつまみ食いしてしまいます。

f:id:konbeef:20170305181203j:image

 

煮詰まったら瓶につめて、オリーブ油、みじん切りのニンニク、唐辛子、ローリエを詰めて完成。

f:id:konbeef:20170305181329j:image

 

クラッカーに乗せてワインがすすんでたまりません。

 今年嫁に想定外量食われたので、もう一回仕込むかも…